月5,500THBで
在タイ会計士/弁護士と顧問契約

「うちのスタッフこう言ってるけど、、それ本当?」
 ⇒そんな疑問・不安を解消します

カイプロ専門家の集合写真

外現地専門家 低価格顧問サービス

「カイプロ」

こんなお悩みありませんか?

スタッフに「この国ではこうなんです!」と言われるが本当か不安
本社経理から質問が来るが、専門外なので分からない
顧問先の会計事務所は回答分野が限られている
かと言って複数社契約は高くて手が出ない
顧問先の会計事務所は回答分野が限られている
悩んでいるスーツ姿の男性

カイプロが上記の課題を解決します

カイプロとは

カイプロは厳選された外現地の専門家(プロ)へ
低価格で質問・相談できるサービスです
会計士・弁護士など複数の専門家へ
Webシステム上で質問をし、回答を受けることができます

サービスイメージ

ご利用イメージ

利用イメージ

カイプロの特徴 ①

低価格
一般的な顧問契約と比べ月5,500THBと非常に安価

価格イメージ

この金額で会計士・弁護士など複数の日本人専門家に相談ができるサービスは他にありません

カイプロが低価格な理由

各専門家は、常に業務を行っているわけではなく、一定の空き時間があります。

カイプロの顧問契約は「質問投稿システム」を利用し、
専門家の空き時間を有効活用して回答することで、大幅な割安価格でご提供しています。

低価格の理由イメージ

※通常、当日~翌営業日に回答をしております。

カイプロの特徴 ②

厳選された多様な専門家

業界でも評価の高い専門家のみを厳選しています

専門家写真

※タイ国以外でのサービス提供要望はお問い合わせフォームよりご連絡ください。
ご要望に応じて対象国を拡充していきます。

一般的な顧問契約との相違点

一般的な顧問契約との相違点

一般的な顧問契約では回答者が1名となり、専門分野が限られますが、
カイプロでは会計・税務・労務・法務といった幅広い内容に対応可能です。

質問・回答例

Q&A Samples
Q
5月末をもって初めて配当をすることになりました。手順を教えてください。なお弊社は3月決算です。
A

会社法1201条によれば、年次配当は株主総会承認事項ですが、期中配当は取締役の判断(役会決議等)で可能です。

3月末決算の場合、定時株主総会は8月頃になりますので、今回は期中配当を実施することになります。

なお、日本への送金時は源泉徴収が必要です。また、当該源泉徴収額につき日本側で税額控除を受けるために、タイ法人側にて税務署から証明書を入手する必要があります。

Q

弊社(タイ法人)から日本企業へシステム保守料金の支払いをする場合、海外送金に対する源泉徴収の対象になりますか。

A

タイから日本への海外送金に対する源泉税については、日タイ租税条約により、利息・ロイヤリティ・配当のみが対象となっています。

今回の支払いが純粋な保守料の場合には対象外になりますが、ソフトウェアライセンス部分が含まれる場合には、ロイヤリティに該当する可能性がありますので留意が必要です。

Q
5月末をもって初めて配当をすることになりました。手順を教えてください。なお弊社は3月決算です。
A

会社法1201条によれば、年次配当は株主総会承認事項ですが、期中配当は取締役の判断(役会決議等)で可能です。

3月末決算の場合、定時株主総会は8月頃になりますので、今回は期中配当を実施することになります。

なお、日本への送金時は源泉徴収が必要です。また、当該源泉徴収額につき日本側で税額控除を受けるために、タイ法人側にて税務署から証明書を入手する必要があります。


お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

Share!